会社案内

翻訳に特化して35年

イディオマ株式会社は、スウェーデンの企業家ヨエル・ブリンテによって1980年に日本で設立されました。以来、長年にわたり日本文化の特徴である、常に「改善」を心がける気持ちと、物事に粘り強く取り組む姿勢を自分たちのすべての行動に融合させました。この一企業としての行動戦略が成功を収め、弊社は国際的な企業へと成功を遂げました。

翻訳工場

私たちは、ヨーロッパの中心に位置する プラハのプロダクションセンターから、世界中のお客様にサービスを展開しています。革新的なソリューションの導入、および専属のネイティブ翻訳者を自社で養成することで、多言語翻訳におけるコスト効率の高いプロダクションシステムを築き上げました。その結果、70言語以上、5000通り以上の言語の組み合わせにおいて、低価格、高品質、短納期での翻訳を実現しています

最低料金設定無しで低価格

世界中のお客様をサポートしており、最先端の技術を駆使し、スケールメリットにより多くの翻訳を提供し、コスト面で他社に引けを取りません。プロダクションの効率化のおかげでコストを削減し、 お客様にお求めやすい価格でサービスを提供しています。ストリームの緊急翻訳サービスをお試しいただければ、ミニマム料金がなく発注した分量のみの請求になります。 もし5ワードのみの発注でしたら、 5ワード分のみの請求になります。

圧倒的な効率性

すべての業務をできる限り自動化し、常にイノベーションを心がけシステムを合理化しています。創業以来、常に業務をいかに早くそして良くできるかに日々努めてきました。さらにシステムを 改善するという姿勢が功を奏し、無駄のないプロダクションを構築し、短い納期 での翻訳を実現可能にしました。ストリーム翻訳APIを使えば、ウェブコンテンツをご自分のサーバー内ですぐに翻訳発注ができますので、シームレスに翻訳を行うことができます。

スピードと品質

iQube翻訳プラットフォームとQAサービスにより、短納期かつ分量の多いプロジェクトでもお客様が満足できる翻訳品質を保証します。すべてのプロジェクトは、ネイティブの翻訳者および第2ネイティブの翻訳者のチェックを行っています。もし短納期の場合は、翻訳者のチームを編成しプロジェクトを進めることができます

会社沿革

イディオマは東京で設立されました。オーディオ&ビジュアル産業において、重要な顧客を獲得しました。

仕事量の増加に伴い、ヨーロッパに海外供給拠点を設けました。

EUでの市場開放に伴い、ベルギーのブリュッセルに事務所を開設しました。

私たちは早い段階で、コストの低い東ヨーロッパを視野に入れていました。 その結果、すべてのヨーロッパ業務の中核をチェコのプラハに再編しました。

弊社の業務の中核を担い、イントラネット・ソリューションとして社内外ですべてのプロジェクトをコーディネートおよび管理をしています。

コンピューターおよびハードウェアの進歩に伴い、自社のプログラマーチームを編成し、ソフトとソリューション開発に力を注ぎました。

CrossCheck®は ユーザーが簡単に翻訳のQAチェックができるオンラインサービスとなっています。

弊社のiQube翻訳プラットフォーム(ほとんどのTMシステムと互換性を保有) の導入により、翻訳の分量、納期、品質などあらゆる面が向上しました。

24時間いつでも無料で、ファジーマッチを含んだTMの翻訳見積りができるオンラインサービスです。ストリームは海外のお客様も利用ができる、オンライン翻訳ツールのベストチョイスです。

ストリーム翻訳APIを使うことで、ご自分のウェブサーバーからイディオマの翻訳サービスにアクセスし、コンテンツを様々な言語にローカライズすることができます。

English Japanese Svenska Čeština Deutsch Danish Français Español Italiano Chinese
ログイン