翻訳メモリの作成(iSync)

現在行われているほとんどの翻訳には、TMを参照し、テキストを検出して再利用できる特別なソフトウェアが用いられています。TMが存在しないプロジェクトでも、iSyncを使用して既存のドキュメントのテキストをアライメントすることでTMをすぐに作成することが可能です。

iSyncは多くのファイル形式に対応し、元のテキストと翻訳されたテキストを自動的にペアリングできます。アライメントはテキストの配置やサイズ、色などを参照して行われます。多くの類似製品とは異なり、PDFファイルもサポートしています。

高速アライメント
PDFおよびDTPファイルのサポート
TMXフォーマットでの出力
様々なファイル形式をサポート

アライメントのチェック

ネイティブの翻訳者が、アライメントされたすべてのテキストセグメントを校正します。テキスト内容を直接修正することはありませんが、以下の作業を行います。

 

数値の不一致やテキストの言語が間違っているなど、セグメント内に明らかに形式的なエラーがある場合は、内部のQAエンジンによって検出され、翻訳者によって適切に処理されます。このように一致させたテキストセグメント群は、テキストメモリに変換して翻訳作業で再利用することができます。その場合には、これらのテキストセグメントの内容を正確かつ完全にチェックすることが望ましいです。(100%マッチ部分もチェック対象とすることを推奨します。)

iSync flowchart

入稿ファイル形式

MS Office、Open Office 1時間につき15,000ワードをアライメント 出力形式:TMX*
FrameMaker(MIF)、InDesign(IDML)、Xliff、SDXLiff、TTX、TXT、RTF、CSV 1時間につき15,000ワードをアライメント 出力形式:TMX*
PDF 1時間につき7,000~8,000ワードをアライメント 出力形式:TMX*

*TMX形式は、すべての主要CATツールで使用可能です。

翻訳メモリの更新

時間がないために納品直前の修正をDTPファイルにしか反映できず、TMの更新が手つかずになってしまうことはよくあります。手動でのTM更新には手間がかかりますが、iSyncを使用すればより簡単かつ迅速に、TMを完成した文書に合わせて常に最新の状態に保つことが可能です。イディオマのプロの翻訳者が原稿ファイルと翻訳後のファイルのアライメントを行い、お客様のTMにインポートできるバイリンガルテキストファイルを作成します。

サインイン
無料アカウントを今すぐ取得
このウェブサイトでは、トラフィックの分析、サービスの強化、およびユーザーエクスペリエンスの向上を目的としてクッキーを使用しています。

詳しくはこちら

同意する